MOS資格取得コースとビジネスコースの違い

MOS資格取得コースはパソコンのスキルを判断する上での世界共通基準での資格になります。

これから社会に出られる方が保有していると多くの中からのパソコンスキルの優位性が図れます。

 

ビジネスコースは、すでに社会に出られている方が自身のスキルを高め、ライバルに差をつける優位性を保持できるコースになります。

コースレベルではビジネスコースが上位になります。

 

MOS試験は問題を解いて成果物を作成していくものですので、保有していると一定のスキルの保有を把握することが可能です。人事の方が、スキルの確認もショートカットして話しができるので、早期に判断ができます。

但し、実務で白紙から作れないと資格保有者でも話になりません。

 

ビジネスコースは自身ですべてを考えて業務の全般の効率を図る内容となります。

日常的に不足しているスキル、ルーティンワークも把握している中で業務とリンクしてスキルの取得が図れます。

このコースで学ぶことが目から鱗と思えるかが見極め基準です。