架空請求のはがきへの注意喚起

下記の「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」という表題で生徒の皆さまの複数人の方からご相談を受けました。

内容は、契約不履行に伴う民事訴訟の通知となっています。現在、不特定多数の方に送りつけらています。

 

訴状はこのようなハガキでは届かないので、慌てずに対応してください。

裁判所からの通知は、通常「特別送達」という受領印を押して受け取る郵便物となります。

 

今回のハガキの内容には、「運営会社」と記載されているだけで、詳細な会社名が記載されていません。

いつ、どこで、誰が、何に対して訴訟を起こそうとしているかが不明です。

 

書類作りで必要な5W1Hに当てはめると全く訴状が成立しないのが分かります。

このような内容の架空請求はがき、メール詐欺が横行しています。完全に無視してください。

 

注意は相手にしてしまうことです。

決して相手に電話してはいけません。先方はカモを待っています。

電話をかけることで、かけてきた人物が特定されて付け込まれてしまいます。

付け込まれてしまうと言葉巧みに、訴訟を取り下げるために金銭を要求してきます。

もし、電話をかけてしまっても、先方と個別に合うとか、金銭を振り込むとかせず、すぐに警察に相談しましょう。

 

消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせハガキ