ウィルスについては細心の注意を払いましょう!

セキュリティソフトソースネクスト社によるニュースを掲載します。

セキュリティ対策を万全にして安心、安全なネット環境を整えてください。

 

■セキュリティ情報(2件)

 

2人に1人が危険な状態にあるパスワード実態

 

安全なパスワードの注意点自体は簡単なものですが、実際の運用は極めて難しいようです。

2014年のIPAの調査によれば、64%の人が複数のパスワードは覚えられないと答え、50%の人がパスワードを複数サイトで使い回ししています。

つまり、2人に1人は1箇所でIDとパスワードを盗まれたら、利用している全部のサイトで被害に遭う危険性を持っています。(IPA:情報処理推進機構は、経済産業省所管の独立行政法人)

 

l  パスワード運用の実態

・どのようなパスワードが安全かを理解している70%

・実際に安全なパスワードを設定している13%

・同じパスワードを別のサイトに流用している50%

・いくつものパスワードを覚えていられない64%

 

l  参考安全なパスワードの条件

1.8文字以上で英数字・記号を混ぜる

2.サイトごとにパスワードを変える

3.安全な複数のパスワードを覚えやすくする工夫

 

l  サイトごとに異なる安全なパスワードのルールの例

1.全部のパスワードに共通する部分をつくる

・英語よりも安全なローマ字読みの日本語にする

・大文字や記号、数字を混ぜたり加えたりする

2.サイトごとに異なる部分共通部分の頭か末尾に加える

具体例「SOFUTO1500;!snxt

SOFUTO1500;!」が核となる共通部分。

この例では、ソフトという言葉をローマ字読みのアルファベットにし、数字や記号を追加して安全性を高めている。

snxt」が、サイトごとに固有の部分

ソースネクストをルールとして決めた4文字で表現。

3.最後の手段は、専用のソフトやサービスに頼ること

 

l  国内で流行中のウイルス(WindowsAndroid20185月)

ソースネクスト社のウイルス対策製品が先月、国内で実際に検出したウイルスの集計がまとまりました。

集計:Bitdefender社(セキュリティソフト開発元)集計期間:2018/04/252018/05/25

 

l  Windowsで多く検出されるウイルス(スーパーセキュリティが検出したウイルス/検出数順)

1.Application.BitCoinMiner.SX

2.Application.CoinMiner.AY

3.Trojan.GenericKD.30637024

4.VB:Trojan.Downloader.JUGR

5.Application.Bundler.AWX

引き続き、ビットコイン採掘ウイルスが多く検出されていますが、3位に「Trojan.GenericKD.30637024」が急浮上ました。その概要は次の通りです。

概要/Trojan.GenericKD.30637024(サポート詐欺)

l  感染経路

webページ

悪事の内容

1.web閲覧中にマイクロソフト社のページを騙って

「パソコンがウイルス感染しています」などの警告画面を表示する。

2.進んでいくと、ポップアップ画面に表示した電話番号に

電話するように促し、サポートサービスを契約して金銭を詐取する

対策

・警告画面などは、webページの1種なので、ブラウザの閉じるボタンで閉じる。

閉じられない場合は、タスクトレイからタスクマネージャーを呼び出しブラウザを終了する

 

l  Android(スマホ、タブレット)で多く検出されるウイルス(モバイル・セキュリティが検出したウイルス/検出数順)

1.Android.Riskware.Agent.gFPTU

2.Android.Riskware.Agent.gGEOI

3.Android.Adware.Agent.AX

4.Android.Riskware.Joke.C

5.Android.Riskware.Agent.gGEOL

 

ロック画面やホーム画面に無断で広告を表示する

アドウェアが上位を占めていますが、新たに

Android.Riskware.Joke.C」というウイルスが4位に入っています。

概要/Android.Riskware.Joke.C(ジョークウイルス)

感染経路

・アプリのインストール

悪事の内容

・例えば、人を不快な気持ちにさせるグロテスクな画像などを急に表示する

対策

・正規サイト以外からアプリをインストールしない

・ウイルス対策アプリの導入